Marantz Reflections - Issue One: Curated for Generations | Marantz

マランツ ブランドプレジデント Joel Sietsema からのメッセージ

Issue One:
Curated for Generations

マランツファン、マランツファミリーの皆様へ

皆さんにも似たような経験があるかも知れませんが、私は子供の頃、父からマランツについて教えられました。カーラジオから好きな曲が流れると、父は、自身がいかに素晴らしい音を愛しているかについて、そしてマランツの素晴らしさについて語り始めたものです。幼く多感な少年だった私は、まるで神話のような彼の話に魅了されました。マランツが単なる音楽を聴くための道具ではなく、まるですべての音の源であるかのように感じられたのです。

私は過去20年間、高性能かつラグジュアリーなオーディオ製品に関わる業界で働いてきましたが、2017年の買収以降は、マランツブランドの責任者の任にあります。当然ながら、マランツというブランドを深く知れば知るほど、ソウル・マランツが1953年に掲げた最初のミッションである「最もリアルな音の再現」につながりを感じるようになりました。ソウルが自身の名を冠した会社を設立して以来数十年間、マランツが表現する完璧なサウンドは、世界中のHi-Fiオーディオや映画の愛好家たちを虜にしてきました。

マランツの歴史は、カテゴリーを代表するような傑出した製品で彩られています。それは、ソウルが最初に手掛けたAudio Consoletteに始まり、新しい製品が生み出されるたびに、長い時間を費やし、細心の注意の下で改良が加えられてきました。技術の発展、音質のスペシャリストによる判断、音楽と映画の進歩など、いくつかの要因が製品の進化に影響を与えています。ですが、常にその根底にあるのは、サウンドクオリティに対する情熱と厳しい基準です。

私たちの長期的なプランはとてもシンプルです。「最もリアルな音の再現」を可能にする最高の製品のみを提供することで、マランツを世界で最も象徴的でリスペクトされるブランドの1つとし、そのポジションを確立していきます。私たちの課題は、ブランドが持つ歴史や遺産、そしてグローバルな市場環境の複雑さが影響する、非常に難しいものです。すべてが計画通りに運ぶとは限りませんが、私たちが日々目標に向かって改善に努めていることをご理解ください。

最新のCINEMAシリーズは、映画やテレビの再生におけるマランツの伝統・遺産を礎に構築されたものです。これらは、最先端の機能、サウンドクオリティの目覚ましい進歩、そしてどんな家庭でもいつまでも美しく見えるインダストリアルデザインで、映画制作者やコンテンツクリエーターを称えています。 私たちは、マランツの最新作を誇りに思っています。そして、あなたのご家庭でも同じように誇りに感じていただけることを願っています。

信じられないかもしれませんが、私たちはまだ戦略実行の初期段階にあります。しかも、私たちの新しい親会社であるマシモは、真のイノベーターとパイオニアによって設立され、率いられています。これはすなわちマランツにとって最高の日々が待っているということを意味します。

マランツの製品は、素晴らしい音を愛するこれからの世代に選ばれるブランドであるために、テーラーメイドで作られています。私たちは、これまでの歴史を踏まえながら、現代のリスナーの期待に応えるべく、マランツをさらに進化させ続けていきます。

// マランツが70周年を迎えるにあたり、確かなことが一つあります。それは、私たちが、生涯にわたって続く素晴らしいサウンド体験を創造することに、これまでと同じように取り組んでいることです。 //

満ち足りた時間のために

- Joel Sietsema

- Joel Sietsema

あなたにおすすめ

MARANTZ REFLECTIONS

Issue Two: The Most Memorable Sound

Marantz President, Joel Sietsema, reflects on 70 years in pursuit of the most musical sound.

READ MORE
70周年記念コンテンツ

The Pursuit

この70年の間、「最も音楽的な音」を追求することが、私たちの製品作りのインスピレーション、そして原動力となってきました。ニューヨークでも、ここ日本でも、私たちが作り上げてきた数々の傑作は、豊かなニュアンスと質感のあるサウンドをお届けしています。

さらに詳しく
CINEMAシリーズ

Sound For What You See

ご自宅に映画館に匹敵するプライベートシアターを

さらに詳しく